アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

小学校6年理科「大地のつくりと変化」単元の出前授業

2016.12.26

桜島・錦江湾ジオパークでは、開発した学習指導案に沿って、『桜島の火山灰』を用いた実験や、約100年前の大正噴火(1914)を想定した防災学習など出前授業を実施しています。

今年度は、これまで鹿児島市立草牟田小学校3クラス(93名)・鹿児島市立大小学校1クラス(33名)、鹿児島市立西田小学校3クラス(90名)において、出前授業を実施しました。

☆ 子どもたちからは、このような意見を頂きました。

・火山の爆発の歴史について調べてみたい。

・噴火前の前兆現象や噴火後の現象を知って、こわくなった。

・噴火は、なるべくおこらないでほしい。

・今日の実験を妹と一緒にやってみたいと思った。

・もっと桜島を調べたいと思った。

・実験が楽しかった。そして、火山灰を初めてみたけど、きれいだった。また見たいと思いました。とても楽しかったです。ありがとうございました。また、ジオパークにも行ってみたいです。

鹿児島は、火山灰を頻繁に噴き出す桜島があるからこそ、教科書以上の顕微鏡観察ができる場所です。そして災害に強くなることについても学ばなければなりません。

出前授業は随時受け付けております。お申込は、鹿児島市ジオパーク推進室までご連絡ください。

20161006-07_01_草牟田小学校  20161006-07_07_草牟田小学校20161006-07_04_草牟田小学校20161006-07_05_草牟田小学校20161006-07_06_草牟田小学校20161006-07_04_草牟田小学校

20161006-07_05_草牟田小学校  20161006-07_09_草牟田小学校

20161006-07_06_草牟田小学校  20161006-07_08_草牟田小学校

20151130_学習指導案_わんかけ実験Ver5

火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース