アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

桜島・錦江湾ジオパークで夏休みの自由研究

2017.07.30

こんにちは!ジオコラムの時間です。
夏休みが始まり、桜島が賑わう季節となりました。

この季節は、メモ帳片手にお越しになられる小さなお客さんの姿がたくさん。
みなさん、夏休みの自由研究で桜島を調べていらっしゃるんです。

<桜島そのものの成り立ちや歴史>はもちろん、
<火山>、<火山の恵み・特産品>、<火山の暮らし>、<防災>、<観光>など
桜島・錦江湾ジオパークでは、さまざまなテーマの自由研究ができるかと思います。

みなさんの研究のきっかけになればと思い、今回は自由研究におススメのスポットをいくつか紹介します。

 

【桜島ビジターセンター】

〇火山のミニ博物館で桜島がどんな場所か調べてみよう!

 visitorcenter2

 桜島の特徴をたくさん調べて、【桜島火山の研究】をしてもよいですし、興味のあるテーマを探すのもいいかもしれませんね!
 自由研究をすすめるための基礎研究(?)を、まずはこの施設で行ってみましょう!
 ミュージアムショップには桜島グッズがたくさんあります。自由研究におススメの商品はオリジナル下敷き。桜島の成り立ちや、過去の大噴火で流れた溶岩の場所が一目でわかります。これから出かける桜島のフィールドワークが楽しくなるに違いありません。
 せっかくなら詳しい人に教えてもらいたい!という方は、期間限定のガイドプログラム・溶岩ミニトレッキングもおすすめです。

 桜島ビジターセンター: http://www.sakurajima.gr.jp/svc/
 溶岩ミニトレッキング: http://www.sakurajima.gr.jp/program/001913.html

 

【溶岩なぎさ遊歩道】

〇溶岩や軽石に触れてみよう!

 yogannagisayuhodo1

 桜島ビジターセンターからすぐ。約100年前(1914年大正噴火)の溶岩の上を歩き、本物の溶岩に触れてみましょう。
 足元に気を付けながら海岸を散策すると、溶岩だけだなく軽石もたくさん!
 どうして溶岩や軽石ができるのか調べてみましょう。
 溶岩をルーペで詳しく調べてみると、遠くからは見えない美しい世界が広がっているかもしれません。
 また、約100年前の溶岩の上には、どのような植物が育っているでしょう?
 桜島では異なる時代に溶岩が流れており、時代の違う溶岩の上には異なる植物が生育していますよ。ぜひ調べてみてくださいね。

 溶岩なぎさ遊歩道: http://www.sakurajima-kinkowan-geo.jp/cust-facility/424/

 

【桜島国際火山砂防センター】

〇土石流や砂防について調べてみよう!

 sabocenter2

 桜島では、土石流が頻繁に発生しています。
 土石流から人々の生活を守るために「砂防」が整備されており、住民は安心して生活をすることができます。
 土石流とはどんなものなのか、砂防とはなにか、どうして桜島では土石流がたくさん発生するのか、など土石流や桜島の防災について学びたい方には外せないスポットです。
 この辺りからの眺めもとても良いですよ!

 桜島国際火山砂防センター: http://www.qsr.mlit.go.jp/osumi/contents/jigyo/sand/prevention/establishment.html

 

【有村海岸】

〇火山の恵み・温泉を体感しよう!

 onsenhoritour11

 有村海岸は知る人ぞ知る秘湯のある場所。
 一見なにもないような海岸ですが、、、なんと掘ると40℃程度の温泉が湧くんですよ!あっという間に足湯を作ることができます。
 火山の恵みを体感できるとてもおもしろいスポットです。
 いつでも温泉が掘れるわけではありませんので、事前にこちらのページで調べるか、桜島ビジターセンターへお問い合わせください。(雨の日は危険なので絶対に立ち入らないでください。)
 温泉が湧く条件や、温泉の温度がどのように変わるかを調べてみてもおもしろいかもしれませんね!

 天然温泉掘りセット: http://www.sakurajima.gr.jp/program/002297.html

 

【黒神ビュースポット】

〇火口を見てみよう!

 kurokami2 (1)

 この場所は桜島の火口(昭和火口)を望むスポットです。
 桜島といえば小さな噴火を繰り返していることで有名ですよね。
 2017年はおとなしくあまり噴火しませんが、このスポットから噴火の瞬間を見ることができたら感動するに違いありません。
 周辺は昭和噴火でできた溶岩原なので、溶岩の上の植物観察にもおすすめの場所です。
 
 黒神ビュースポット: http://www.sakurajima-kinkowan-geo.jp/cust-facility/432/

【道の駅桜島】

〇火山の恵みを調べてみよう!

 michinoeki2

 桜島の特産品が集まる道の駅。
 桜島ではどんなものが生産されていて、どのような商品が作られているかを知るにはこの場所がおすすめ。
 過酷に思える桜島では4,000名以上の人々が、火山の恩恵を受けて生活しています。
 あ、小みかんソフトクリームも忘れずに食べてみてくださいね(^^)

 道の駅桜島: http://www.megumikan.jp/

 

【石橋記念公園(鹿児島市街地)】

〇鹿児島の石の文化と火山には深いかかわりが・・?

ishibashikinennkoen1

 西田橋・高麗橋・玉江橋の三つの石橋が保存されている公園です。
 実はこの石材、火山の噴火でできたものなのです。
 石橋記念館には歴史や技術の詳しい展示があるので、ぜひ見学してみましょう!

 石橋記念公園: http://www.seika-spc.co.jp/ishi/

 

【お助けグッズ】

桜島のことを知りたいけれど、なかなか行くことができない・・という方は桜島に関する本を読んでみてはいかがでしょうか。
『桜島まるごと絵本』…絵本と解説の2部構成。小さなお子さんから大人の方まで一緒に桜島を学ぶことができる一冊です。(参考:(http://www.sakurajima.gr.jp/sakurajima/001774.html
『みんなの桜島』…桜島の成り立ちや歴史、観光情報、集落の情報など盛りだくさん。小学校高学年以上の方におススメです。
(参考:http://www.sakurajima.gr.jp/sakurajima/001229.html


今回ご紹介できたのはほんの一部。まだまだおもしろいスポットがたくさん。
ぜひ、興味のあるテーマを見つけて、桜島・錦江湾ジオパークで自由研究をしてみてくださいね!

火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース