アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

ジオツアー「子どもに教えたくなる火山のヒミツ」を実施しました!

2017.08.02

普段「景色」として眺めている桜島を、火山博士の福島大輔氏による、地形・地質や歴史などの解説を通して、ご家族や友人に話したくなるような内容を学んでいただくジオツアーを実施しました。

①10:00~11:00 桜島ビジターセンター
20376155_1529200180474167_8192362941414430293_n
桜島の噴火の仕組みや大噴火の時にどのように地層が形成されるか、噴火後の植物の再生についてなどを学びました。

②11:00~12:00 溶岩なぎさ遊歩道
20476218_1529366307124221_2356113563903645084_n 
大正溶岩原の上を歩き、溶岩を観察しました。また、海岸近くに落ちている軽石と溶岩を手に取り、重さを確かめたり海水に浮くか実験をしたりしました。

③13:15~13:50 湯之平展望所
20376095_1529370710457114_4692864335639816558_n
桜島に最も近い展望所「湯之平展望所」にて、年代の異なる北岳と南岳の山肌の違いを実感しました。また、島の西側に広がる扇状地を観察し、桜島小みかんが育ちやすい環境を学びました。

④14:00~14:20 島津義弘蟄居跡
20479995_1529370713790447_6941682031469745570_n
かつて、島津義弘が関ケ原の戦いで西軍として敗戦した後、約2か月間、蟄居していた藤野家を訪れました。切妻形の屋根がある屋敷門をくぐって、お殿様の気分を味わいました。

⑤14:30~14:45 ファームランド桜島(白浜)
白浜
桜島の北側に位置す白浜で、鹿児島市街地から見る台形とは異なる、三角形の形をした桜島を見学しました。また、冬になると桜島大根が育つ畑も見ました。

⑥15:00~15:10 黒神ビュースポット
昭和火口を観察できる黒神ビュースポットを訪れました。活発な火山活動が見られる黒神ビュースポットでは、「ゴォー」という音が聞こえました。

⑦15:15~15:30 黒神埋没鳥居
大正大噴火の際、3メートルあった鳥居が1メートルまで火山灰や軽石で埋もれた腹五社神社を訪れました。参加者は、地中に埋もれている鳥居を見て、噴火のすさまじさを体感しました。

⑧15:45~16:10 有村溶岩展望所
有村
有村溶岩展望所からは、①火山灰やガスで植物が生えない部分、②2000年前の溶岩原、③昭和溶岩原という3種類の異なる植生を観察しました。また、大隅半島の方には溶岩ドームである咲花平とシラス台地を見ることができました。

暑い夏の1日でしたが、夏休みの自由研究のために、熱心にメモを取るお子様もいらっしゃり、参加者みなさんにツアーを楽しんでいただきました。ありがとうございました!
次回のジオツアーは、10月7日(土曜日)に姶良カルデラの噴出物を観察するツアーを開催します。
詳細は、この桜島・錦江湾ジオパークのホームページで告知させていただきますので、ぜひお越しください。

火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース