アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

第49回 桜島火山爆発総合防災訓練が実施されました!(VOL.2)

2019.01.21

 1914年に発生した桜島の大正噴火の起こった1月12日に合せ、今年も桜島火山爆発総合防災訓練が実施されました。
 桜島・錦江湾ジオパークの参加状況は、VOL.1で報告しましたが、VOL.2では、訓練の想定について説明します。

【訓練想定】

日 時 状 況 対 応
1月12日
              ~9時00分
午前5時頃から桜島島内の傾斜計で顕著な地殻変動を観測し、火山性地震も急増(※1)。午前8時50分までの12時間で、桜島付近を震源とするマグニチュード2以上の地震(※1)を10回以上観測。  
9時00分   【鹿児島地方気象台】
噴火警戒レベル4(準備情報)(※2)、警戒範囲は桜島全域を発表。
【鹿児島市】
桜島全島に避難準備・高齢者等避難開始(※3)を発令。避難準備及び高齢者や観光客等の避難の開始を発表。
~10時00分 桜島の山体膨張(※1)を示す急激な地殻変動は継続し、火山性地震はさらに増加。午前9時30分に桜島付近を震源とするマグニチュード5.2の地震が発生。  
10時00分   【鹿児島地方気象台】
午前10時00分に噴火警戒レベル5(避難)(※2)、警戒範囲は桜島全域を発表。
【鹿児島市】
桜島全島に避難指示(緊急)(※3)を発令。
10時00分頃 桜島の山腹から白い噴気が発生  
10時05分頃 桜島の西側山腹から噴火(※4)  
11時15分頃 桜島の東側山腹から噴火(※4)  
13時00分頃   ・桜島島内からの避難完了
・避難者を避難所(小中学校の体育館など)に収容
1月13日
2時00分過
桜島で爆発音を伴う激しい噴火開始  
7時00分頃 鹿児島湾を震源とするM7.1の地震(震度6強)が発生

(※1)噴火の前兆
 桜島の噴火を予測するため、島内などに傾斜計や地震計を設置して、地中のマグマの動きを観測しています。
 地中をマグマが動くと体に感じない地震や山体膨張(桜島下のマグマだまりのマグマが増えると桜島が膨らむ)が起こります。

(※2)噴火警戒レベルと防災対応
 火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標。2018年5月現在、41火山で運用。
【気象庁HP:噴火警戒レベルの説明】
【気象庁HP:桜島の噴火警戒レベルと防災対応】
【鹿児島市HP:現在の桜島の噴火警戒レベル】
(※3)避難情報の種類
 災害が発生、又は発生するおそれがある場合、市長が緊急度に応じて、避難情報を発令します。
 噴火警戒レベル4(準備情報)の場合は、「避難準備・高齢者等避難」で、避難の準備を開始するほか、高齢者や子ども、土地勘のない観光客など、一人で避難が難しい方は避難を開始します。
【鹿児島市HP:避難情報(避難準備情報・避難指示)の名称変更】

(※4)桜島の大規模噴火の特徴
 これまで桜島で大規模噴火が発生した場合、山頂からの噴火ではなく、対照的な二つの山腹から噴火が発生しています。大規模噴火の際の溶岩の流れ方を見ると分かります。(昭和噴火は含まれません。)
 桜島の下に大量のマグマが流入すると、いつも噴火しているマグマの通り道「火道」に入りきれなくなり、地盤の比較的やわらかい部分からマグマが出てくるからです。
 うまい棒の穴に、より大きなものを入れると、うまい棒が二つに裂ける感じですかね?

火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース