アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

GW前、知っておきたい桜島の温泉~ 桜島のマグマからの贈り物「温泉」を、あなたも楽しんでみませんか? ~

2019.04.20

見上げれば雄大な桜島の噴煙、足元にはこんこんと湧く天然温泉!

 ゴールデンウィークのご予定がまだ決まっていない方、桜島に行こうと思っている方、今回は桜島にある7つの天然温泉(泉源)をご紹介します。

 桜島の温泉の泉質は、海岸近くの地下水が桜島のマグマの火山性ガスの影響を受けて、すべて塩分を多く含む「塩化物泉」です。お湯が茶褐色をして濁って見えるのは、塩分以外に鉄成分が少し含まれるからです。
 実は、このお湯は最初色がついていません。湧出してすぐは無色透明です。湯船にたまると徐々に色が変わり濁りもでてきます。これは、お湯に含まれる鉄イオンが、空気中の酸素に触れて、酸化鉄が生じてくるからです。
 ずっと見ていると、とても神秘的です。天然温泉である醍醐味を味わうことが出来ます。

 桜島の温泉は良く温まります。塩化物泉ですので入浴すると皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぎ、保温・保湿効果がよく、湯冷めしにくいことから「温まりの湯」と言われています。また、入浴後の乾燥を防ぎ、しっとりとした肌に仕上げてくれるために「美人の仕上げ湯」とも言われています。
 さらに、塩化物泉の塩分は殺菌効果もあります。塩分が傷口についた細菌をやっつけて、回復を早めてくれます。塩化物泉の効能は、冷え性、皮膚乾燥症、切り傷、火傷に効果があると言われています。

 ゴールデンウイークに、桜島の7つの天然温泉を制覇してみてはいかがでしょうか。

 桜島内温泉

 

火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース