アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

湯之平展望所

sozai_50

桜島の展望所で最も山頂に近く、山肌を間近に見ることができ、谷地形の浸食の度合いで2つの火山体(北岳と南岳)を見分けられる。浸食された土砂が堆積して形成された火山麓扇状地も確認でき、そこにある考古遺跡からは火山と共に暮らしていた縄文人の生活と災害の様子が読み取れる。カルデラ噴火、大正噴火、植生遷移、幕末の歴史、農業と人々の暮らしなど、様々なストーリーが風景の奥に隠されている。

施設情報

桜島港から車で約15分

TEL 099-298-5111(観光交流センター)
入館料 無料
開所時間 9:00~17:00 無休
駐車場 30台
火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース