アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

桜島・錦江湾ジオパーク_タイトル

桜島・錦江湾ジオパーク_トップイメージ
ジオパークとは”大地の公園”のこと。つまり、地球をフィールドとして、私たちと大地のつながりのストーリーを、歴史も今も未来もひっくるめて、縦横無尽に楽しんでしまおう!というものです。
目の前にそびえる山も青く深い海も広がる森も、何万年の時を経てつくられた大自然のオブジェやアトラクション!ここ「桜島・錦江湾ジオパーク」にも、そんな見応えたっぷりの絶景や、ツアー、イベント、体験プログラム、特産品などなど、魅力を体験できる仕組みがいっぱいです。桜島や錦江湾を舞台に、思いっきり遊び、学びましょう。

ここは見逃すな!「桜島・錦江湾ジオパーク」~火山と人と自然のつながり~

1.火山と人が暮らしてる!

今も活発な活動を続ける活火山・桜島の前に、60万都市が広がっているのは、実はスゴイこと。日本最高レベルの火山観測体制のもと、充実した防災対策を行うことで、噴煙の上がる火山の近くで多くの人が生活しています。鹿児島は、活火山と都市が共生している世界的にも珍しい場所なのです。

2.火山がつくった海がある!

桜島の前に広がる錦江湾は、実は火山の噴火でできた海なのです。約3万年前、現在の錦江湾奥部で巨大噴火が起こり、大量のマグマが噴出して地下が空っぽになり、地表が崩れ落ちてへこんでしまいました。こうしてできた巨大な穴が姶良カルデラ。最初は陸地でしたが、やがて海水が入り込み、深いところは水深200m以上もある錦江湾となりました。

3.桜島の噴火

桜島の歴史は噴火の歴史とも言われ、これまでに大規模な噴火を17回も繰り返しています。桜島の活動は、大きく2つの時期に分かれています。誕生から約5,000年前までが北岳の活動、4,500年前から現在までが南岳の活動です。北岳と南岳という2つの火山が南北に連なっているため桜島は横長に見えるのです。その歴史の中での最大の噴火は、今から約13,000年前の大噴火です。このときの噴火では、鹿児島市内で1m以上、鹿児島県内のほぼ全域に10cm以上の火山灰が積もりました。また、大正3年(1914年)には、流れ出した溶岩により、海峡で隔てられていた大隅半島と陸続きになるなど、島の形状を変えてしまうほどの大規模な噴火が起こりました。現在も残る黒神埋没鳥居や鳥島展望所などでは、当時の噴火の凄まじさを体感することができます。

4.鹿児島の暮らしウォッチング!

「ドッカーン!」と桜島が噴煙を上げても、鹿児島の人は何食わぬ顔。年間数百回もある噴火ですから、もう慣れっこなのですね。火山と長く共存してきた鹿児島では、防災体制が整っており、生活の工夫もなされています。鹿児島の街を歩いたら、降灰指定置場に並ぶ黄色い「克灰袋」や桜島の学生のヘルメット姿など、何気ない風景からも火山とのかかわりを発見できるかもしれません。

5.桜島・錦江湾を体感できる!

「桜島・錦江湾ジオパーク」には、大昔の巨大噴火から現在につながる大地の歴史や、この地の人々がどのようにして火山と共に生きてきたか、またそのつながりから生まれた産物や史跡など、ジオ的見どころ(ジオサイト)、遊びどころ、学びどころがいっぱいです!ドキドキの体験ツアーや美味しく楽しいプログラム、ここならではの特産品や郷土料理など盛りだくさん。さあ、あなたは何を体感しますか!?

「火山と人と自然のつながり」6つのストーリー

  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり


火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース