アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

トピックス

桜島・錦江湾ジオパーク看板を姶良市、垂水市に設置しました!🎉

  • トピックス
  • 2022.04.12

姶良市と垂水市に桜島・錦江湾ジオパークのPR看板を設置しました!🎉

姶良市は重富海岸のなぎさミュージアム、垂水市は猿ヶ城渓谷森の駅たるみずに設置しています。

ジオパークエリア内の見どころや各地域の特徴を桜島・錦江湾ジオパークの公式キャラクターたちが紹介しています。

宝探しに行くような気持ちで、ぜひご家族やご友人と一緒に出かけてみませんか?

姶良市①

姶良市②

垂水市①

垂水市②

桜島・錦江湾ジオパークの3市(鹿児島市・姶良市・垂水市)のキャラクターを紹介します!

  • トピックス
  • 2022.04.01

桜島・錦江湾ジオパークは昨年、エリア拡大認定を受け、
鹿児島市・垂水市・姶良市の3市にまたがるジオパークとなりました。

そこで生まれたのが各市のキャラクター!

それぞれの市の特徴をとらえたものになっています。
すでに目にされた方も多いはず♪
これから先ずっと皆様に愛されるキャラクターとなりますように!

 

【鹿児島市】

愛称:タロック
巨大噴火でできた3つのカルデラの恵み・溶結凝灰岩。
この石を上手に使って鹿児島市の石の文化が発展。
世界文化遺産にも使われているよ!

 

【姶良市】

愛称:モマール
姶良市は、住吉池・米丸マールの爆裂火口、龍門滝、
重富海岸の干潟など、多彩な地質・地形の宝庫!
姶良カルデラ、錦江湾の名前に縁が深い地だよ。

 

【垂水市】

愛称:ルミティ
地形・地質で遊ぶならアクティビティ充実の垂水市!
花崗岩の巨岩に囲まれて猿ヶ城渓谷キャニオニング、
雄大な錦江湾でSUPやカヌーも楽しみつくそう。

今後とも、3市のキャラクターとともに、
桜島・錦江湾ジオパークをよろしくお願いいたします!

桜島・錦江湾ジオパークPR看板が設置されました!🌋

  • トピックス
  • 2022.03.25

本日、鹿児島中央駅東口駅前広場に桜島・錦江湾ジオパークPR看板を設置しました🎊

横約8m×縦約3mの大きな看板で、たくさんの方に見ていただいて、写真を撮ったり📷、待ち合わせの場所に使ったり👥、ジオパークに興味をもってワクワクを感じたりしていただけるような、長く愛される看板になればいいなと思います!

鹿児島中央駅に行かれた際はぜひご覧ください!

池田学園とラッパヤルヴィ高校のオンライン交流に出席しました!(2022年3月22日)

  • トピックス
  • 2022.03.25

2022年3月22日(火)、鹿児島市の学校法人池田学園とフィンランドのラッパヤルヴィ高校(Geolukio Lappajarvi)が実施したオンライン交流に、桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会事務局も出席しました。

池田学園は”スーパーサイエンスハイスクール(SSH)”として、先進的な理数教育や国際性を育むための取り組みを実施しています。また、ラッパヤルヴィ高校は”ジオパーク高校”として、フィンランドのクレーターレイクジオパーク(Kraatterijarvi Geopark)にて地球科学教育を行っています。

今回のオンライン交流では、池田高校が「火山ガスの研究」と「江戸時代の古文書を利用した天気の研究」について、ラッパヤルヴィ高校が「学校の取り組み」や「クレーターレイクの特徴」について交互に英語で発表し、その後質疑応答やフリートークが行われました。

桜島・錦江湾ジオパークとして、今後さらなる両校の交流の一助となれるよう、両校と、またクレーターレイクジオパークとの連携を強化してまいります。

桜島・錦江湾ジオパークエリア内に新名所が誕生しました

  • トピックス
  • 2022.03.14

桜島を眺める新しい登山ルートに行ってきました。

まだ正式に登山ルートとして開通してはいないのですが、
許可を頂いて調査に行ってきました。

場所は、早崎・咲花平(はやさき・さくはなだいら)。
桜島の眺望が素晴らしいルートが整備されています。

桜島から自動車で大隅半島までわたって、海潟展望所を過ぎて駐車させてもらいました(青い点)。その後、徒歩で山頂に向かいます(赤い点)

桜島を東側に行くと、自動車でそのまま大隅半島に至ります。
桜島と大隅半島の境は、瀬戸(せと)と呼ばれ、
1914年(大正時代)に溶岩によって閉ざされた海峡がありました。
この瀬戸海峡の大隅半島側は、
江戸時代より前には要塞が築かれたほどの断崖絶壁となっています。

地元の人は、この絶壁を
“さっかびら”と呼び、
“咲花平”または“散花平”と書きます。「咲く花びら」と「散る花びら」で、
全く逆の意味合いの地名ですが、
その名前の由来を聞くと納得がいき、
見える景色も違ったものに映るでしょう。

詳しくは「早崎・咲花平」→
https://matsureki.com/bunka1/

さて、先日
そんな『さっかびら』を、たるみず山岳会がルート開拓をし、整備が完成したと情報がありました。
鹿屋の作家さんで郷原茂樹さんが尽力されてこの開拓が実現しました。

とても丁寧に登山道の整備をされたようです。
真新しい登山道を通り、鬱蒼とした森林を抜けると、頂に達します。
咲花平の頂からは視界が通り、
今まで見ることの出来なかった新たな桜島を発見することができます。

雄大な桜島を写真をパシャリとしました。
今までは空撮でしか見られなかったような桜島がそこにあります。

咲花平から桜島を望むと、大正溶岩 が一面に広がります。

正面には 大正溶岩 が一面に広がる様子。
溶岩皺 に張り付いた松の分布。

ぽっこりと口を広げた タフリング (鍋山)も綺麗に見ることができます。

視線を麓のほうに向けると、鍋山(タフリング)がポッコリと。

今後、きっと素晴らしい観光スポットになる事でしょう。
「必要なだけ手を加えて自然との共生ができるような観光地になってほしい」と、たるみず山岳会の皆さんはおっしゃっています。

個人情報漏えい事案の公表

  • トピックス
  • 2022.03.05

個人情報の漏えいが発生しましたので、公表します。
関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
今後、再発防止に向け、より一層の情報管理を徹底してまいります。

1 事案の概要(経緯)
・令和4年3月4日11時40分に、桜島・錦江湾ジオパークメールマガジン(月1回配信)登録者(74人)に対して、3月中の催し等を案内するメールをBCCで送るべきところをTOで送信した。
・3月4日21時30分頃に、メール受信者の一人から当事実について連絡があったため発覚した。

2 漏えい個人情報の概要と対象人数
・情報概要:桜島・錦江湾ジオパークメールマガジン登録者の氏名及びメールアドレス
・対象人数:74件(内6件はメールアドレスのみ)

3 事案発生の原因
・メール操作ミス

4 発生後の対応
・3月5日0時8分にお詫びと送付したメール削除依頼をメールにて登録者全員に送付

5 再発防止策
・担当者全員に対し二度と同様の事故を起こさないよう、情報セキュリティ対策の確認を徹底
・複数の宛先へのメール送信はBCCへの入力確認と、送信前に複数の職員でチェックすることを徹底

ルーマニア ハツェグ・カントリーユネスコ世界ジオパークからアンディがやってきました!✈🌍

  • トピックス
  • 2022.02.22

桜島・錦江湾ジオパークに、ルーマニアのハツェグ・カントリーユネスコ世界ジオパークから、アンディ(Andi Andezit)がやってきました。

アンディは、安山岩のマスコットです。ハツェグ・カントリージオパークの地域住民の発案で誕生したアンディは、これまで世界中のジオパークを旅し、地球の面白さ、多様な文化の魅力をたくさんの人に伝えています。

現在、はるばるルーマニアからやってきたアンディに、桜島・錦江湾ジオパークの景色や食べ物、生き物など様々な魅力を楽しんでもらっています。

旅の様子は、アンディのFacebookやInstagramで見ることができます。
ぜひ、アンディと一緒に世界中のジオパークを旅する気分を味わってみませんか?

Hateg Counrty UNESCO Global Geopark

Andi Andezit Fecebook

Andi Andezit Instagram

第52回桜島火山爆発総合防災訓練で火山噴火実験を行いました!

  • トピックス
  • 2022.01.17

令和4年1月8日、桜島の大規模噴火を想定した防災訓練が清水中学校で行われました。

桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会のブースでは、

火山噴火実験により、噴火メカニズムの解説・溶岩の流れ方の解説を行いました。

住民の皆様には実験を通じて、防災について考えてもらいました。

 

住民の皆様には、説明を熱心に聞いてもらい、噴火についての質問をたくさん頂戴しました。

(現在のマグマの蓄積量に驚いたりしていました!!)

 

この防災訓練は、108年前の大正大噴火が起こった1月12日前後に毎年行われているものです。

 

 

展示ブースの様子を公開します。

中学生&大学生や、桜島島内の住民の皆様が熱心に聞いてくれています。

このように、桜島・錦江湾ジオパークでは、

教育を通じて楽しく防災意識を高める

活動を推進しています。

桜島にてジオパークの英語ガイドを行いました!(2021/12/23)

  • トピックス
  • 2022.01.06

 2021年12月23日に、新潟県 学校法人国際大学で学ぶ留学生の方々が桜島の視察に来られました。
桜島・錦江湾ジオパークの国際推進員2名が英語でガイドを行いながら、桜島ビジターセンターと湯之平展望所をご案内しました。

桜島の噴火の特徴や、錦江湾に生息する魚種の多さ、スタンプラリーやオンラインミーティングなどの当ジオパークの取り組みをお話ししました。

参加者の皆さまからは、噴火時の対策や特産品などについて様々な質問をいただき、案内する側も改めて桜島や錦江湾のユニークさを再認識する貴重な機会となりました。

かごしま美味深海「アートフェスティバル」が開催されます🐟(2021/11/27~12/5)

  • トピックス
  • 2021.11.25

南北600㎞におよぶ鹿児島県の海域には、サンゴ礁や深海などの多様な環境が広がり、様々な海洋生物が生息しています。
中でも、桜島・錦江湾ジオパークのエリアに含まれる錦江湾(鹿児島湾)は、内湾でありながら深さ200m以上の深海を有する珍しい湾です。(最深部は237m)

そんな錦江湾に生息する深海魚を含む、深海をテーマにしたアート作品展が鹿児島市にある商業施設マルヤガーデンズで開催されます。

かごしま美味深海「アートフェスティバル」
期 間:2021年11月27日(土曜日)~2021年12月5日(日曜日)
場 所:マルヤガーデンズ 5階 無印良品店内”Open MUJI”、7階 garden7(鹿児島市呉服町6-5)

会期中の12月4日(土曜日)には、「かごしま美味深海アート展ワークショップ」も開催されます。(事前申込制、定員20名)

アートフェスティバルやワークショップ、かごしま美味深海の詳細についてはこちらをご確認ください。

ぜひ、アートを通して深海魚や海の魅力に触れてみませんか?

火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース