アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

トピックス

桜島の噴火はよくあること? 60年以上小さな噴火を繰り返しています。

  • トピックス
  • 2017.06.18

桜島と聞くと、どんなイメージを抱きますか?

噴火を思い浮かべる方も多いのではと思います。


1706_1 (5)

イメージのとおり、桜島はとても頻繁に噴火する火山。
モクモクと噴煙があがったり、火山灰が降ってきたりすることは日常的茶飯事です。

今日は、桜島の日常的な噴火についてお伝えします。

 

■桜島は60年間以上小さな噴火を繰り返している!

170615_number

ここ半世紀の桜島の爆発的噴火の回数をグラフにしてみました。
(爆発的噴火と噴火の違いは、後日改めて紹介させていただきますね。)

1955年から2017年までの間、噴火しなかった年はありません。
最も回数が多かった2011年には、996回もの爆発的噴火が観測されました。
こちらのグラフを見ると、桜島は日常的に噴火していることがよくわかりますね!

桜島は、1955年から60年間以上日常的に噴火をしている活発な火山。
私たち鹿児島の人々にとって、桜島が煙を上げることは珍しいことではなく、よくあることなのです。

 

kurokami2

噴煙が青空に伸びていきます。(桜島島内・黒神町より)
 

1706_1 (1)

噴火を繰り返す火山の麓に人々が暮らしているのが桜島の特徴。風向きによって火山灰が降りますので、気になる方は風向きをご確認くださいね。(桜島・有村町より)
 

1706_1 (2)

夜の噴火はすごい迫力。昭和火口を望む桜島の東側の地域からは、このような景色を見られることもあります。(桜島・黒神町より)

 

桜島・錦江湾ジオパークへお越しの際は、時々桜島を眺めてみてくださいね。
運が良ければ(?)噴煙を上げる姿を見ることができるかもしれません。

生きている火山・桜島で、生きている地球を感じてみましょう。

桜島・錦江湾ジオパークオリジナルポロシャツを販売しています!

  • トピックス
  • 2017.06.08

 桜島・錦江湾ジオパークを多くの方に知っていただくとともに、機運を高めることを目的として、桜島・錦江湾ジオパークのロゴマークをプリントしたオリジナルポロシャツを販売しています。
 ご購入を希望される場合は、以下の施設等で取り扱っておりますのでお近くの施設等でお買い求めください。
 一緒に桜島・錦江湾ジオパークを盛り上げていきましょう!

無題

デザイン等

  • カラー:ブリティッシュグリーン、トロピカルピンク、ダークブラウン、アクアブルーの4色
  • サイズ:Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ
  • 価 格:2,300円(税込)
  • デザイン:

003_ポロシャツ完成イメージ(緑、ピンク、茶、水色)
※画像をクリックすると大きいサイズで見られます。

取扱施設等

  • 桜島ビジターセンター(鹿児島市桜島横山町1722番地29)
  • 国民宿舎レインボー桜島(鹿児島市桜島横山町1722番地16)
  • 道の駅「桜島」火の島めぐみ館(鹿児島市桜島横山町1722番地48)
  • 桜岳陶芸(鹿児島市桜島赤水町1360番地)
  • いおワールドかごしま水族館(鹿児島市本港新町3番地1)
  • 石橋記念公園(鹿児島市浜町1番3号)
  • 鹿児島市役所別館地下売店(鹿児島市山下町11番1号)

問い合わせ先

 桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会事務局
 住所:鹿児島市山下町11番1号鹿児島市役所みなと大通り別館3階(ジオパーク推進室内)
 電話:099-216-1313

天草ジオパークにご協力いただき、陶器市を開催しました!

  • トピックス
  • 2017.05.25

桜島・錦江湾ジオパークの拠点施設、桜島ビジターセンターにて、今年のゴールデンウィーク期間中に「ミニ陶器市」を開催しました!

毎年佐賀県で開催されている「有田陶器市」に時期を合わせて、桜島や鹿児島の素材を使用した陶磁器を展示の他、陶磁器の原材料となる『天草陶石』を天草ジオパークより提供していただき、双方のジオパークの紹介と一緒にお客様にご覧いただきました。

ジオパークのネットワークを活用し、より充実した展示内容となりました。天草ジオパーク様、ご協力ありがとうございました!

18297132_1116318915141557_102479791_o
桜島ビジターセンターGW特別企画・ミニ陶器市
18318020_1116318895141559_45306452_o
桜島・鹿児島の陶磁器の展示
18339023_1116318928474889_1700272596_o
天草ジオパークにご提供いただいた
天草陶石
18318591_1116318931808222_861712683_o
天草ジオパークの紹介

  
 

第33回「気軽に学ぼう!ジオ講座」を開催しました。

  • トピックス
  • 2017.05.10

 4月20日(木曜日)に、29年度の初回となる「気軽に学ぼう!ジオ講座」を実施しました。
 今回の講座では、多種多様な生き物がお互いにつながり、影響しあって個性豊かなに生命を育んでいる「生物多様性」について学ぶことで、私たち人間もこのつながりの一部として、自然や他の生き物と共に暮らしていることを考える良い機会となりました。
 また、『かごしま自然百選~気づき・考え・つなごう 恵み豊かな自然~』の中からピックアップした自然環境について説明いただくことで、現在の自然を見つめなおし、その魅力を深く知ることができました。

 「かごしま自然百選」とは?
 市民の皆さんから応募いただいた、将来に残したいと感じる自然の中から、自然のすばらしさが多くの人に伝わり、将来に残したいと感じさせる自然で、地域住民に親しまれていること、景観が優れていること、希少野生動植物の生息・生育地であること、文化財等として評価されていることなどの特徴を評価し、100箇所選定されています。

image4  image1

 

【次回】第34回「気軽に学ぼう!ジオ講座」のお知らせ
日 時:平成29年5月18日(木曜日)19:00~21:00
場 所:鹿児島市みなと大通り別館6階(ソーホーかごしま)
講 師:内山 伸明氏(鹿児島市文化財課)
テーマ:遺跡から学ぶ鹿児島の歴史

ハンタンガンジオパークとの交流を行いました。

  • トピックス
  • 2017.03.27

 韓国の国内ジオパークであるハンタンガンジオパークの訪問団が、3月24日に霧島ジオパークおよび桜島・錦江湾ジオパークを視察しました。
 ハンタンガンジオパークはユネスコ世界ジオパーク認定を目指しており、それぞれのジオパークにおける取組の事例紹介や運営体制などについて意見交換を行うとともに、今後も交流を続けていくことを確認しました。

IMGA0345 IMGA0343

IMGA0348 IMGA0353

第32回「気軽に学ぼう!ジオ講座」を開催しました。

  • トピックス
  • 2017.03.17

 3月16日(木曜日)に、3月の「気軽に学ぼう!ジオ講座」を実施しました。
今回の講座では、通常の講義形式と少し雰囲気を変えて、桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会事務局員 古殿紀章氏による防災カードゲーム『クロスロード(桜島火山対策編)』を行いました。

 『クロスロード』とは、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材です。
ゲームの参加者は、災害時に遭遇すると考えられる様々な事例に対し、YesかNoで自分の考えを示して、参加者同士で意見交換を行います。それぞれの課題には、模範解答はありませんが、少数派の意見を共有し、新たな気づきを得るゲームとなっています。

 参加者の皆さんは、熟知した上で次の行動を選択し、どうしてそのように思ったのか、活発に議論してくださいました。また、グループによって、少数派の意見が大きく異なり、様々な意見交換が行われていたのも大変印象的でした。

 今回、参加してくださった方の意見を参考に、問題や手法などブラッシュアップしてゆきたいと思います。

17264557_1380849398642580_4387315202574748414_n  17309664_1380849465309240_1293996737810754434_n (1)  

17361544_1380849468642573_1531731479072881922_n  17361567_1380849395309247_8192011179756028843_n  

17361778_1380849401975913_7674104969585031552_n

【次回】第33回「気軽に学ぼう!ジオ講座」のお知らせ
 日 時:平成29年4月20日(木曜日)19:00~21:00
 場 所:鹿児島市みなと大通り別館6階(ソーホーかごしま)
 講 師:吉満正明氏、中島優氏(鹿児島市環境保全課)
 テーマ:かごしま自然百選 

第31回「気軽に学ぼう!ジオ講座」を開催しました。

  • トピックス
  • 2017.02.17

2月16日(木)に霧島ジオパーク推進課 石川徹氏によるジオ講座「霧島ジオパークの魅力」を実施しました。
火山のある環境に棲息する植物の面白さやエリア内の温泉の泉質の違いを説明いただきました。
また、鹿児島で焼酎が生産されている理由を、ジオの観点から説明していただきました。
最後に、「ジオパークとは?」との問いに、ご自分の考え方をご教示いただきました。

31ジオ講座

【次回】第32回ジオ講座のお知らせ
日 時 : 3月16日(木) 19:00~21:00
場 所 : 鹿児島市みなと大通り別館6階(ソーホーかごしま)
講 師 : 古殿紀章氏(鹿児島市ジオパーク推進室)
テーマ : 防災ゲーム「クロスロード(桜島火山対策編)」
      災害対策をテーマにしたカードゲームで、楽しく学びましょう。

第30回「気軽に学ぼう!ジオ講座」を実施しました。

  • トピックス
  • 2017.01.23

1月19日(木)にかごしまカヤックス代表 野元尚巳氏によるジオ講座「海から見た桜島・錦江湾の魅力」を実施しました。
世界の海を舞台に冒険をされた経験を踏まえ、桜島・錦江湾でしか味わうことのできない魅力をお話しいただきました。
カヤックだからこそアクセスできる桜島の入り江や、カヤックツアーで出会える生き物についても解説いただきました。

2017.1.19野元氏 2017.1.19野元氏


【次回】第31回ジオ講座のお知らせ
日 時 : 2月16日(木) 19:00~21:00
場 所 : 鹿児島市みなと大通り別館6階(ソーホーかごしま)
講 師 : 石川徹氏(霧島市霧島ジオパーク推進課)
テーマ : 霧島ジオパークの魅力

小学校6年理科「大地のつくりと変化」単元の出前授業

  • トピックス
  • 2016.12.26

桜島・錦江湾ジオパークでは、開発した学習指導案に沿って、『桜島の火山灰』を用いた実験や、約100年前の大正噴火(1914)を想定した防災学習など出前授業を実施しています。

今年度は、これまで鹿児島市立草牟田小学校3クラス(93名)・鹿児島市立大小学校1クラス(33名)、鹿児島市立西田小学校3クラス(90名)において、出前授業を実施しました。

☆ 子どもたちからは、このような意見を頂きました。

・火山の爆発の歴史について調べてみたい。

・噴火前の前兆現象や噴火後の現象を知って、こわくなった。

・噴火は、なるべくおこらないでほしい。

・今日の実験を妹と一緒にやってみたいと思った。

・もっと桜島を調べたいと思った。

・実験が楽しかった。そして、火山灰を初めてみたけど、きれいだった。また見たいと思いました。とても楽しかったです。ありがとうございました。また、ジオパークにも行ってみたいです。

鹿児島は、火山灰を頻繁に噴き出す桜島があるからこそ、教科書以上の顕微鏡観察ができる場所です。そして災害に強くなることについても学ばなければなりません。

出前授業は随時受け付けております。お申込は、鹿児島市ジオパーク推進室までご連絡ください。

20161006-07_01_草牟田小学校  20161006-07_07_草牟田小学校20161006-07_04_草牟田小学校20161006-07_05_草牟田小学校20161006-07_06_草牟田小学校20161006-07_04_草牟田小学校

20161006-07_05_草牟田小学校  20161006-07_09_草牟田小学校

20161006-07_06_草牟田小学校  20161006-07_08_草牟田小学校

20151130_学習指導案_わんかけ実験Ver5

桜島・錦江湾ジオパークスケッチコンクール表彰式を実施しました。

  • トピックス
  • 2016.11.22

093

 平成28年11月19日(土曜日)に桜島・錦江湾ジオパークスケッチコンクール表彰式を実施しました。
 桜島・錦江湾ジオパークスケッチコンクールは、桜島や錦江湾の自然や風景、遊びや農業体験などのジオに関連するものを描くことを通じて、桜島・錦江湾ジオパークの魅力を知り、自分たちの住んでいる地域を再認識することで、愛着や誇りを持ってもらうことを目的として昨年度から実施しています。
 2回目となる今回は、平成28年9月5日までの期間中に市域の小学生から合計449点の多くの応募をいただき、最優秀賞1点、優秀賞5点、優良賞10点、桜島フェリー賞3点、学校賞2校を選定しました。
 入賞作品は平成28年12月19日(月曜日)から12月26日(月曜日)までの期間中、東開町にあるイオンモール鹿児島にて展示を行います。
 桜島や錦江湾の魅力を表現した素晴らしい作品となっておりますので是非ご来場ください!

1 / 612345...最後 »
火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース