アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

トピックス

シリーズ【大噴火に備えて】① 桜島はいつ大噴火する?

  • トピックス
  • 2017.12.01

今回から、シリーズ「大噴火に備えて」と題して数回にわたってコラムをお届けします。

0004  0009

まずは「桜島は大噴火しますか?」という質問がよくあるので、お答えしたいと思います。

いつか必ず大噴火します。

ただし、それが何年後なのか、何百年後なのか、現在の火山学では予測することが難しいです。

 

しかし、大噴火は突然やってくるわけではないので、そんなに心配しすぎる必要はありません。
噴火の前には必ず前兆現象があります
噴火の規模が大きければ大きいほど前兆現象も大きいので、大噴火が起きそうなときには予想ができます。
一方、噴火の規模が小さければ前兆現象も小さいのですが、現在繰り返されている桜島の小規模な噴火であっても、かなりの確率で噴火が予想できています。
なぜなら、世界トップレベルの火山観測体制が整っているからです。

 

では、今のような観測体制が整っていなかった約100年前の大正噴火(1914年)の時はどうだったのでしょうか? 
実は、大噴火の前日には前兆現象として体に感じる地震がたくさん起きました。なんと1日で200回以上も!
さすがに「何かがおかしい」と思った住民は自主的に避難し、ほとんどの人が助かっています。
当時の桜島の人口は約2万人。
そのうち亡くなったり行方不明になったりしたのは約20人なので、住民の99.9%は助かったのです。

 

このように、大噴火の前には地震が何度も起こったりするほか、地割れ(地面の変化)、新しい噴気(ガス)、水の変化(井戸・潮位)など、様々な前兆現象が確認できます。
現在、気象庁や京都大学などが様々な火山観測をリアルタイムで行っているので、小さな変化も捉えることができています。
まるで病院の集中治療室で24時間体制の観察をされている感じです。

                                                          

ちなみに、現在の火山学では、正確な噴火の日時や、どのような噴火がどれくらい続くのかを予測することはできません
また、現在は、大正噴火の時代とは社会の様子がまるで違うので、現代社会ならではの災害やトラブルが発生する可能性もあります(電気、水道、通信、物流などのストップによる影響は現代社会では非常に大きいです)。

ですから、火山のことを良く知り、噴火の様子を想像し、どう対応すれば良いか事前に考えておくことはとても大切なのです

 

次回は、桜島の大噴火の特徴を紹介します。

「飛び出す!ジオ講座」を実施しました。

  • トピックス
  • 2017.11.30

平成29年11月29日

いつもジオ講座を行っている鹿児島市役所みなと大通り別館から飛び出し、喜入地区の喜入公民館でジオ講座を実施しました。

 講師の鹿児島大学准教授の井村隆介先生が、「喜入沖地震について~正しく知って備えよう~と題して、今年3月11日と7月11日に発生した喜入沖地震や、東日本大震災を教訓に、災害への備えと心構えについて、熱いご講義をしていただき、会場も熱気にあふれていました。

DSC_0340 DSC_0342

「飛び出す!ジオ講座」を実施しました。

  • トピックス
  • 2017.11.30

平成29年11月9日

いつもジオ講座を行っている鹿児島市役所みなと大通り別館から飛び出し、郡山地域の郡山公民館でジオ講座を実施しました。

 講師は鹿児島大学名誉教授の大木公彦先生が「桜島・錦江湾ジオパークって何だろう~郡山の地質もすごい~」と題して、ジオパークとは何だろう、桜島・錦江湾の魅力、郡山の地形・地質の魅力をお話しいただきました。
 郡山花尾神社の石文化や地形・地質に由来する八重の棚田など、興味深いお話をいただきました。

DSC_0272DSC_0271

イオン鹿児島店で「ジオパーク秋祭り!」を開催しました。

  • トピックス
  • 2017.11.22

平成29年11月18日(土曜日)、イオン鹿児島店にて「ジオパーク秋祭り!」を開催いたしました。

当日は、椿油を使ったコスメ商品や桜島小みかんの加工品の販売、火山灰で絵を描く「灰グラフィティー体験」、錦江湾のお魚を釣る「錦江湾のおさかなど~れだ?」を実施しました。

桜島・錦江湾ジオパークには、火山の扇状地で育んだ桜島小みかんや、溶岩地形のため深い内湾である錦江湾で泳ぐたくさんの種類の魚たちなど、地形や地質に恩恵を受けたたくさんの恵みがあります。

「ジオパーク秋祭り!」では、たくさんのお客様に来ていただき、桜島・錦江湾ジオパークの恵みを体感していただくことができました。

 

IMG_2944 IMG_2940
「灰グラフィティー体験」 「錦江湾のおさかなど~れだ?」

「錦江湾のおさかなぬりえ」を実施しました

  • トピックス
  • 2017.11.22

11月12日(日)に都市農村交流センターお茶の里で開催された「お茶の里収穫祭」で「錦江湾のおさかなぬりえ」を実施しました。

錦江湾にいるお魚から好きな魚を選んでぬりえします。その後、海(海の絵)にリリースされたその魚を釣り上げる内容です。

多くの方々にご参加いただきました。

おさかな釣り体験 おさかなぬりえ

 

「ジオアドベンチャー 鹿児島歴史散策編」を実施しました

  • トピックス
  • 2017.11.22

11月19日(日)、ジオアドベンチャー 鹿児島歴史散策編 を実施しました。
ジオアドベンチャーとは、地図上のチェックポイント(以下CP)を制限時間内にどれだけ多く回れるかをチャレンジする、オリエンテーリングのようなゲームです。CPをチームで訪れ、スマートフォンで写真撮影することで得点を獲得できます。

今回のジオアドベンチャーは鹿児島市街地にある中央公園を起点とし、市街地に点在する歴史的価値の高い場所や鹿児島の大地や気候が育んだ遺産などのCPを回りました。

スタートの合図とともに駆け出すチームやチームワークをいかしCPを回るチーム、それぞれのチームの個性が光っていました。普段何気なく歩く鹿児島市街地のあちこちにお宝があることを体を動かしながら発見する、有意義なひと時となりました。

KIMG2740 KIMG2746

ジオキッズ講座「オリジナル火山を作ろう!-まぐまで噴火実験-」を実施しました

  • トピックス
  • 2017.11.20

 11月18日に鹿児島市立科学館で、ジオキッズ講座「オリジナル火山を作ろう!-まぐまで噴火実験」を実施しました。噴火のメカニズムや火山が作る地層などが学べる噴火実験です。

 参加者の方々は、それぞれ粘性の違うマグマを噴火させて、いろんな火山を作りました。粘性の弱いマグマが作り出す楯状火山や粘性の強い火山が作り出す溶岩ドーム、中にはドレインバック現象(地表付近まで登ってきたマグマが、噴火せずに(溶岩を流さずに)、再び深部に引き返す現象)も発生しました。その後、出来上がった火山を半分に切って、火山によってできる地層をじっくりと観察しました。参加者の皆さんは、とても楽しそうに実験をされていました。

 ご参加いただいたみなさん、大変ありがとうございました。

 次回のジオキッズ講座は、12月30日(土)鹿児島県立博物館で火山に関係する実験と工作をします。 ①「コーラ噴火実験-噴火とマグマの中の水-(実験、雨天時はポップコーン実験)」と ②「え?虹が見える万華鏡を作る? -分光器でヒカリを見よう-(工作)」の2本立てです。ぜひご参加ください。

IMG_3215   IMG_3216
IMG_3211 IMG_3218

 

2017年「灰フェス!」を開催しました。

  • トピックス
  • 2017.11.14

10月21日(土曜日)に、かごしまの厄介者・火山灰を逆転の発想で楽しむイベント「灰フェス!」を開催しました。

今年の「灰フェス!」では、軽石クラフト体験や火山灰ストラップなどのクラフト体験の他、水消火器的あてゲームや毛布で担架タイムトライアルなどの防災ゲームなど、盛りだくさんの内容で行いました。

雨が心配される中での開催でしたが、たくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。

DSCN0342 DSCN0366
水消火器的あてゲーム 水害かみしばい
★image1 DSCN0376
桜島防災すごろく 火山灰ストラップづくり

ジオ講座「鹿児島の焼酎と大地のおいしい関係」を実施しました。

  • トピックス
  • 2017.10.30

平成29年10月19日(木曜日)に、気軽に学ぼう!ジオ講座を実施しました。
今回は、鹿児島大学客員教授の鮫島吉廣先生による「鹿児島と焼酎と大地のおいしい関係」というテーマでの講座でした。
講座では、鹿児島の大地と焼酎の関係など、焼酎にまつわる様々なことをお話しいただきました。
鹿児島では、火山噴火でできたシラス台地と、台風、温暖な気候があるため、米と清酒を作る環境に適さなかったそうです。
その代わり、サツマイモの普及と地元の人の力でおいしい焼酎の文化が発達しました。
ジオ講座では、焼酎の定義や飲み方、芋焼酎の歴史、清酒との比較、など鹿児島に暮らす人にとって興味深いお話をたくさん伺うことができました。

次回のジオ講座は、桜島ミュージアムつばき事業部の内村健一氏・久木田智美氏による「桜島の椿油・女性が美しくなるオイル」です。
ぜひお越しください!

ジオ講座「鹿児島の焼酎と大地のおいしい関係」の様子

IMG_2347

IMG_2354

「気軽に学ぼう!ジオ講座」を実施しました!

  • トピックス
  • 2017.08.22

 8月17日(木曜日)に、「気軽に学ぼう!ジオ講座」を実施しました。 

 今回の講座では、鹿児島地方気象台火山防災官である山部美則先生に、「火山を見守る気象台の仕事」といテーマでお話しいただきました。噴火と爆発的噴火の定義の違い(「噴火」が火口から固形物や溶岩を出す現象を表すのに対し、「爆発的噴火」は桜島の場合は、10Pa以上の空振を伴う噴火を表します。)や、これまで桜島で起きた大きな噴火の紹介や、気象台が発表する「解説情報」や「解説資料」の読み解き方(噴火警戒レベルの数値や記事の見出しに注目する読み方が効果的である)など、私たちが火山と共に生活する上で、必要な知識をたくさん教えていただきました。講義終了後には、講座に参加された方からは活発に質問が出され、活気のある講座となりました。

 桜島・錦江湾ジオパークでは、様々なテーマで講師の先生をお招きし、桜島や錦江湾に関するジオ講座を実施しております。詳細は当ホームページで事前にお知らせいたしますので、ぜひお越しください。(次回のジオ講座については、このページの末尾に概要を記載しております。)

ジオ講座       ジオ講座2

次回の「気軽に学ぼう!ジオ講座」

日にち 平成29年10月19日(木曜日)
時間 19時00分~21時00分
場所 鹿児島市役所みなと大通り別館6階ソーホーかごしま会議室
講師 鮫島吉廣先生(鹿児島大学客員教授)
内容 「鹿児島の焼酎と大地のおいしい関係」

 

1 / 712345...最後 »
火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース