アクセシビリティ

背景色の色
文字サイズ
標準

トピックス

第32回「気軽に学ぼう!ジオ講座」を開催しました。

  • トピックス
  • 2017.03.17

 3月16日(木曜日)に、3月の「気軽に学ぼう!ジオ講座」を実施しました。
今回の講座では、通常の講義形式と少し雰囲気を変えて、桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会事務局員 古殿紀章氏による防災カードゲーム『クロスロード(桜島火山対策編)』を行いました。

 『クロスロード』とは、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材です。
ゲームの参加者は、災害時に遭遇すると考えられる様々な事例に対し、YesかNoで自分の考えを示して、参加者同士で意見交換を行います。それぞれの課題には、模範解答はありませんが、少数派の意見を共有し、新たな気づきを得るゲームとなっています。

 参加者の皆さんは、熟知した上で次の行動を選択し、どうしてそのように思ったのか、活発に議論してくださいました。また、グループによって、少数派の意見が大きく異なり、様々な意見交換が行われていたのも大変印象的でした。

 今回、参加してくださった方の意見を参考に、問題や手法などブラッシュアップしてゆきたいと思います。

17264557_1380849398642580_4387315202574748414_n  17309664_1380849465309240_1293996737810754434_n (1)  

17361544_1380849468642573_1531731479072881922_n  17361567_1380849395309247_8192011179756028843_n  

17361778_1380849401975913_7674104969585031552_n

【次回】第33回「気軽に学ぼう!ジオ講座」のお知らせ
 日 時:平成29年4月20日(木曜日)19:00~21:00
 場 所:鹿児島市みなと大通り別館6階(ソーホーかごしま)
 講 師:吉満正明氏、中島優氏(鹿児島市環境保全課)
 テーマ:かごしま自然百選 

第31回「気軽に学ぼう!ジオ講座」を開催しました。

  • トピックス
  • 2017.02.17

2月16日(木)に霧島ジオパーク推進課 石川徹氏によるジオ講座「霧島ジオパークの魅力」を実施しました。
火山のある環境に棲息する植物の面白さやエリア内の温泉の泉質の違いを説明いただきました。
また、鹿児島で焼酎が生産されている理由を、ジオの観点から説明していただきました。
最後に、「ジオパークとは?」との問いに、ご自分の考え方をご教示いただきました。

31ジオ講座

【次回】第32回ジオ講座のお知らせ
日 時 : 3月16日(木) 19:00~21:00
場 所 : 鹿児島市みなと大通り別館6階(ソーホーかごしま)
講 師 : 古殿紀章氏(鹿児島市ジオパーク推進室)
テーマ : 防災ゲーム「クロスロード(桜島火山対策編)」
      災害対策をテーマにしたカードゲームで、楽しく学びましょう。

第30回「気軽に学ぼう!ジオ講座」を実施しました。

  • トピックス
  • 2017.01.23

1月19日(木)にかごしまカヤックス代表 野元尚巳氏によるジオ講座「海から見た桜島・錦江湾の魅力」を実施しました。
世界の海を舞台に冒険をされた経験を踏まえ、桜島・錦江湾でしか味わうことのできない魅力をお話しいただきました。
カヤックだからこそアクセスできる桜島の入り江や、カヤックツアーで出会える生き物についても解説いただきました。

2017.1.19野元氏 2017.1.19野元氏


【次回】第31回ジオ講座のお知らせ
日 時 : 2月16日(木) 19:00~21:00
場 所 : 鹿児島市みなと大通り別館6階(ソーホーかごしま)
講 師 : 石川徹氏(霧島市霧島ジオパーク推進課)
テーマ : 霧島ジオパークの魅力

小学校6年理科「大地のつくりと変化」単元の出前授業

  • トピックス
  • 2016.12.26

桜島・錦江湾ジオパークでは、開発した学習指導案に沿って、『桜島の火山灰』を用いた実験や、約100年前の大正噴火(1914)を想定した防災学習など出前授業を実施しています。

今年度は、これまで鹿児島市立草牟田小学校3クラス(93名)・鹿児島市立大小学校1クラス(33名)、鹿児島市立西田小学校3クラス(90名)において、出前授業を実施しました。

☆ 子どもたちからは、このような意見を頂きました。

・火山の爆発の歴史について調べてみたい。

・噴火前の前兆現象や噴火後の現象を知って、こわくなった。

・噴火は、なるべくおこらないでほしい。

・今日の実験を妹と一緒にやってみたいと思った。

・もっと桜島を調べたいと思った。

・実験が楽しかった。そして、火山灰を初めてみたけど、きれいだった。また見たいと思いました。とても楽しかったです。ありがとうございました。また、ジオパークにも行ってみたいです。

鹿児島は、火山灰を頻繁に噴き出す桜島があるからこそ、教科書以上の顕微鏡観察ができる場所です。そして災害に強くなることについても学ばなければなりません。

出前授業は随時受け付けております。お申込は、鹿児島市ジオパーク推進室までご連絡ください。

20161006-07_01_草牟田小学校  20161006-07_07_草牟田小学校20161006-07_04_草牟田小学校20161006-07_05_草牟田小学校20161006-07_06_草牟田小学校20161006-07_04_草牟田小学校

20161006-07_05_草牟田小学校  20161006-07_09_草牟田小学校

20161006-07_06_草牟田小学校  20161006-07_08_草牟田小学校

20151130_学習指導案_わんかけ実験Ver5

桜島・錦江湾ジオパークスケッチコンクール表彰式を実施しました。

  • トピックス
  • 2016.11.22

093

 平成28年11月19日(土曜日)に桜島・錦江湾ジオパークスケッチコンクール表彰式を実施しました。
 桜島・錦江湾ジオパークスケッチコンクールは、桜島や錦江湾の自然や風景、遊びや農業体験などのジオに関連するものを描くことを通じて、桜島・錦江湾ジオパークの魅力を知り、自分たちの住んでいる地域を再認識することで、愛着や誇りを持ってもらうことを目的として昨年度から実施しています。
 2回目となる今回は、平成28年9月5日までの期間中に市域の小学生から合計449点の多くの応募をいただき、最優秀賞1点、優秀賞5点、優良賞10点、桜島フェリー賞3点、学校賞2校を選定しました。
 入賞作品は平成28年12月19日(月曜日)から12月26日(月曜日)までの期間中、東開町にあるイオンモール鹿児島にて展示を行います。
 桜島や錦江湾の魅力を表現した素晴らしい作品となっておりますので是非ご来場ください!

外国人の皆さんにジオの魅力を紹介しました!

  • トピックス
  • 2016.11.18

平成28年11月17日、(公財)鹿児島県国際交流協会が開催する「にほんごサロンおしゃべりひろば」にて、
桜島・錦江湾ジオパークの国際推進員がジオパークの魅力についてお話をしました。

「にほんごサロンおしゃべりひろば」とは、鹿児島にお住いの外国人を対象にしたイベントで、毎月様々なテーマの講義を聞いた後、テーマに関するフリートークを楽しむイベントです。

今回は、「ジオパーク(桜島・錦江湾)」というテーマでお話をさせていただきました。参加者は、フィリピン、アメリカ、韓国、マレーシアといった様々な国にゆかりのある方々で、推進員による桜島や錦江湾、ジオパークに関するお話に、熱心に耳を傾けてくださいました。

また、後半のフリートークでは、参加者方の国にどのような火山や自然があるか、これまで桜島やその他の火山に行ったことがあるかなど、楽しく会話をしました。

外国から来られた参加者の皆さんは、鹿児島に来た当初は、活火山があまりにも人々の生活圏から近いことが、
とても大きな驚きだったようです。また、最近鹿児島に来られたばかりの参加者からは、「ぜひ、ジオパークの人に案内してもらって、皆で桜島に行きたい!」という嬉しいご提案もありました。

桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会事務局は、町内会やコミュニティ団体などに出向き、桜島や錦江湾、ジオパークに関するお話をする取り組みを進めています。お気軽にお問い合わせください。

DSCN0008

参加者の皆さんが、推進員の話を熱心に聞かれています。

DSCN0017

フリートークでは、様々なお話をしました。

DSCN0020

フリートークで話し合った内容を発表します。

DSCN0025

集合写真

「小学校6年理科「大地のつくりと変化」単元の出前授業」草牟田小学校で実施しました!(平成28年10月6日と7日)

  • トピックス
  • 2016.11.15

  20161006-07_04_草牟田小学校20161006-07_06_草牟田小学校

 平成28年10月6日と7日に、草牟田小学校の6年生の理科の単元において、桜島・錦江湾ジオパークの出前授業を行いました。

内容は、「わんかけ実験(パンニングとも呼びます)」。この手法は、採取したサンプル(土や砂など)を水で洗浄し、必要な「鉱物」を取得するための方法です。研究者もサンプルを取得すると、第一段階でこの手法を使います。鹿児島市が採用する 『新編 新しい理科6 (東京書籍)』の106-107ページに掲載されています。とても簡単な実験ですが、地学を学ぶには、とても大事な実験です。

この授業で使ったサンプルは、児童の「家の土」「登下校時に道端に落ちている砂」「小学校のグラウンドの土」。児童にとって、日常ありふれた土や砂を使いました。白いお皿に土をティースプーン一杯ほど入れ、水を入れて「ゴリゴリ」と土を洗います。その結果でてきた鉱物を顕微鏡(実体鏡)でのぞくと、宝石だらけ(斜長石やかんらん岩、磁鉄鉱などが観られました。輝石?新鮮なマグマのように見えた鉱物もありました)。

その後の感想文で、専門的立場から興味深かったのは、児童たちが、「鹿児島」=「火山灰」=「キライ」=「鹿児島はイヤ」という法則があるように受け止められたことです。ただ、今回の授業で、児童たちの「火山灰」に対する価値観は、圧倒的に変わり、「イヤ」から「興味深い鉱物の集合体」になった児童が多く見受けられました。

草牟田小学校の児童、先生たちと一緒に今回の授業を楽しむことができました。

【学習指導案】20151130_学習指導案_わんかけ実験Ver5 (2015年度のJpGUや日本海洋学会等で桜島・錦江湾ジオパークが発表した学習指導案です。ダウンロードができます)

桜島フェリー「よりみちクルーズ船上セミナー」が開催されます!

  • トピックス
  • 2016.11.14

yomimichiseminor2016

 火山の前に広がる海の上で、桜島や錦江湾のスペシャリストの話が聞ける「よりみちクルーズ船上セミナー」が、今年もやってきました! 
 12月3日から2月11日の各土曜日(12月31日を除く)に、多種多様な分野の専門家をお招きして、桜島フェリー船上でのスペシャルなセミナーが開催されます。
 普段の定期航路とは異なるコースで、桜島の大正溶岩原や錦江湾に浮かぶ様々な島を見ながら、目の前に広がる美しい景色に関するお話を、ぜひご堪能ください。

 なお、セミナーを受講された方には、先着50名様に桜島・錦江湾ジオパークの各ジオストーリーのキャラクターバッジを差し上げます!

開催日

平成28年12月3日~平成29年2月11日 の各土曜日(12月31日を除く)

出港時刻

11時05分(鹿児島港からの出発となりますので、お間違えの無いようお願いいたします。)

所要時間

約50分

運賃

大人500円、小人250円
※参加料は運賃のみでセミナーの聴講は無料です。

「桜島・錦江湾ジオパークホームページ」が表彰されました!

  • トピックス
  • 2016.11.07

image1   image2

 11月6日(日曜日)に開催されました「かごしまITフェスタ2016」の鹿児島ホームページ大賞表彰式で桜島・錦江湾ジオパークホームページが地域振興部門賞で表彰されました!
 ジオパークは、桜島や錦江湾の素晴らしい自然を観光や教育などに生かし、地域を盛り上げていく取組。今回の部門賞はジオパークの取組にふさわしい名誉ある賞です。
 また、桜島・錦江湾ジオパークホームページのコンテンツはもちろんですが、VI(ヴィジュアル・アイデンティティ)マニュアルに基づき、ガイドマップやチラシなどと統一感のあるデザインになっているところなども評価していただけたのではと思います。
 桜島・錦江湾ジオパークの魅力や楽しみ方、イベント情報など盛りだくさんの内容のホームページですので是非ご覧いただき、ご活用ください!

ジオサイトの月讀神社にて、例大祭(ホゼ)が開催されました!

  • トピックス
  • 2016.11.07

港近くに位置するジオサイト『月讀神社』は、島内で最も大きい神社として、多くの人に親しまれています。

毎年10月30日に、この月読神社にて行われるのが、『例大祭(ホゼ)』です。

今年も、秋晴れの清々しい空の下、島民による浜下りや奉納の舞、稚児祈祷や神舞の披露など、盛りだくさんのお祭りとなりました。

01

02
島民による「棒踊り」の披露 神舞
03 04
神輿を担いでの浜下り 島民による奉納の舞

 

 

火山と人と自然のつながり 6つのストーリー
  • 地形・地質とのつながり
  • 自然とのつながり
  • 海とのつながり
  • 産業とのつながり
  • 歴史・文化とのつながり
  • 人とのつながり
  • 桜島・錦江湾ジオパークエリアガイド
  • 桜島のオキテ
  • ガイド情報
  • モデルコース